logo.png

旬をお届け!「おいしさまるごとマイスター」

放送時間:毎週月曜日の午後5時15分から約15分間の番組で放映されております。
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。

テレビさいたまホームページ
http://www.teletama.jp/index.html

7月の旬菜情報

放送日 品目 団体名
7/1 キャベツ JA嬬恋村 更新済
7/8 ミニトマト  JA全農あおもり(東京青果販売事務所)  更新済 
7/15 夏野菜  夢みなみ農業協同組合  更新済 
7/22 にら  栃木県野菜消費拡大事業委員会  更新済 
7/29 トマト JA福島さくら 更新済

7/29放映 JA福島さくら トマト

images-1.jpg
商品名と品種名
福島県産トマト/りんか409
産地について
郡山市の西、猪苗代湖の南側に面した、標高500m以上の高冷地です。
生産を始めたきっかけ・歴史
高冷地の為、昼夜の温度差が大きく、この気候を生かす作物を検討した結果。
生産方法の特色味の特色
昼夜の寒暖差を活かし、9月以降質・量ともに良いものを作るよう心がけています。
今年のでき具合
冬季間の降雪量が少なく、水不足が心配されましたが、生育は順調に進み、大きく、実のしっかりしたトマトができています。
安心安全について
栽培日誌を記帳し、農薬の使用基準を遵守し、残留農薬検査・放射能検査を実施しております。
また、部会としてGAP取得に今年から取組始めました。
産地の気候や環境
標高500m以上の高冷地であり、豪雪地帯です。また夏季の気温は平地より低く、特に朝夕の気温差が大きくトマト栽培に適しています。
生産する際のこだわり・心がけ
味を良くするには、多すぎず、少なすぎずの水管理やきれいなトマトを作るためにはその日の天気に合わせた細かな温度管理です。
栄養と効能
トマトには、リコピンが多く含まれており、老化の原因ともいわれる活性酸素を退治してくれる物質です。熱にも強くジュースやソースにすると体内への吸収力がアップします。また、カリウムやルチンも入っており、血圧を下げる効果があるともいわれています。
良い物の見分け方
重く、花こんが小さく、実のかたいもの。
購入後の保存方法
冷蔵庫で冷やして下さい。ヘタの付け根まで真っ赤なトマトは、ビニールやポリ袋に入れるか、ラップをして野菜室にお尻がつぶれないようにヘタを下にしておきます。
産地のホームページ
JA福島さくらの公式ページ http://www.ja-fsakura.or.jp/
情報提供/出演者
JA福島さくら湖南夏秋とまと生産部会
古澤 幸博さん
磯貝 晃さん

7/22放映 ニラ 栃木県野菜消費拡大事業委員会

images.jpg
商品名と品種名
栃木のニラ
産地について
JAかみつが 鹿沼にら部 部長 宇賀神洋一
生産を始めたきっかけ・歴史
就農したのは30年ほど前で、露地野菜を主に生産していましたが、天候に左右されにくいニラの生産を始めました。ニラは周年栽培のため、冬場も休むことなく仕事ができるので、生産を続けています。
生産方法の特色味の特色
約半年間株の養成(ニラの根元を大きくする作業)を行い、その後収穫前に冬の寒さにあてます。手間を惜しみなくかけることで、しっかりとしたニラの株ができ、生産されるニラはかなり肉厚で甘みのあるニラとなります。
今年のでき具合
ニラの定植時期に乾燥していたため、初期生育(成長初期段階)は遅れておりましたが、その後の管理や天候の回復によりニラの生育が良くなったため、現在収穫中の物は葉幅も広く肉厚で、栄養価も高い非常に良いニラとなってます。
安心安全について
生産者は、年間の作業計画を立てるとともに、ポイントとなる農作業の記録をつけています。これを生産履歴と言います。
生産履歴は、農作物が出荷される前に農協へ提出され、安全安心に問題がないかチェックされ、それから出荷となります。
産地の気候や環境
栃木は冬の日照量が多く、ニラには欠かせない太陽の光をたっぷり浴びることができます。
日光連山に抱かれた肥沃な大地と水のおかげで、太くてやわらかいニラをお届けすることができます。
生産する際のこだわり・心がけ
ニラのハウス内に湿気がこもらないようにファンを設置するなど、喚起をしっかりと行っています。また、保温性が保たれるよう、冬場はウォーターカーテンを使用したりしてニラにとって最適な環境を整えてます。
栄養と効能
βカロテンを豊富に含むのが特徴です。生にらはβカロテンが100g中3,500μgで、ビタミンA活性相当量は100g中290μgと緑黄色野菜のなかでも多いです。また加熱しても損失せず、油に溶けると吸収しやすくなるので、炒め物などでβカロテンの吸収を促してあげるとより良いです。
良い物の見分け方
葉がしゃっきりとしているもの、特に葉先をみていただきたいです。
また鮮やかな緑色をしているものもよいでしょう。
購入後の保存方法
ニラはあしの速いため、購入後はすぐに食べていただくのが良いでしょう。保存する場合は湿らせた新聞紙にくるみ、野菜室で立てて保存をおすすめします。
大量に購入した場合は、食べやすい大きさに切ってから密封袋等で冷凍保存もおすすめです。
産地のホームページ
栃木県野菜消費拡大事業委員会(カラダにとちぎ) http://tochigipower.com/
情報提供/出演者
JAかみつが 鹿沼にら部 
部長 宇賀神洋一さん

7/15放映 夢みなみ農業協同組合 夏野菜

190622fuku500-2.jpg
商品名と品種名
夏野菜(トマト、きゅうり、茄子)
産地について
JA夢みなみは、福島県の南部に位置し、みちのく東北玄関口にあたります。首都圏から車で2時間程といった立地にも恵まれています。
生産を始めたきっかけ・歴史
夏野菜の代表であるきゅうり・トマトは、昼夜の温度差や恵まれた水のおかげで古くから産地として定着しています。
茄子は色艶の良い他産地に負けない品質のものを作っています。
生産方法の特色味の特色
夏野菜主力品目のトマトは、ハウス栽培で酸味と甘みのバランスのとれた腰高の品種を選定しています。なすは、色つやが良く煮ても焼いてもおいしい品種を選定しています。
きゅうりは、ハウス栽培と露地栽培があり、皮の柔らかいブルームきゅうりや歯ごたえのあるみずみずしいブルームレスきゅうりを栽培しています。
今年のでき具合
6月の朝晩の冷え込みにより、収穫開始が遅れ心配されましたが、果実の着果、肥大も良好です。
晴天の日が続けば、7月中旬には出荷のピークを迎え、良質な品物がたくさん出荷できる状況です。
安心安全について
栽培圃場は土壌分析により適正な施肥を心がけており、出荷物についても定期的に残留農薬の検査を実施しています。
産地の気候や環境
比較的温暖で清らかな水ときれいな空気に育まれた高原に似た気候環境にあります。
生産する際のこだわり・心がけ
化学肥料の削減、農薬使用回数の削減に取り組み環境に配慮した栽培と品質や鮮度にこだわった栽培に取り組んでいます。
食べていただく方に喜んでもらえる農産物作りを目指しています。
栄養と効能
トマトに含まれるリコピンやなすに豊富に含まれるアントシアニンは、抗酸化作用やコレステロールの吸収を抑える効果があります。
きゅうりに含まれるカリウムは、塩分の排出を助け利尿作用があると言われます。また、むくみなどに効果もあると言われます。
良い物の見分け方
夏野菜全般に言えること:重量感があり、色・ツヤの良いもの
購入後の保存方法
野菜は、収穫後も呼吸をしています。適度な温度と湿度が大切ですので、同じ冷蔵庫内でも野菜室があれば野菜室に入れてください。
産地のホームページ
JA夢みなみ https://www.ja-yumeminami.or.jp/
情報提供/出演者
JA夢みなみ
中島支店:仁平 行洋(にへい ゆきひろ)さん
企画課:村越 優希(むらこし ゆうき)さん

7/8放映予定 JA全農あおもり(東京青果販売事務所) ミニトマト

imgres.jpg
商品名と品種名
ミニトマト/サンチェリー・ピュア
産地について
津軽平野の南部に位置し、東に八甲田山・西に岩木山と山々に囲まれた盆地で、自然と豊かな水と大地に恵まれた地域です。
生産を始めたきっかけ・歴史
生産を始めたきっかけは、親がミニトマトを作っているのもあってそのまま後を継ぎました。選んで就いた職業ではないけど、今はたくさんの仲間もでき、やりがいを感じています。(斎藤 正記)
生産方法の特色味の特色
主に「サンチェリー・ピュア」という品種ですが、近年「サマー千果」という品種も参入し始めています。どちらも果形が豊円で多肉質、また、糖度が高くて食味と食感が良いです。栽培は斜め誘引と言って長期収穫と収穫作業が楽に出来る方法を行っています。
今年のでき具合
生育は平年並みで、低温障害などは無く生育は順調に来ています。
収穫までじっくり育ったことで糖度が高めに仕上がり、愛情もたっぷり注いでいますので、ぜひ自慢のミニトマトを食べてみてください。
安心安全について
農協の栽培マニュアルを基に、年約3回の現地研修会を部会員の園地で開催し、技術と品質の向上の統一化を図っています、栽培管理記録簿の記入を義務づけ、月数回の残留検査などを行いまして、消費者への安心・安全を提供するよう努力しています。
産地の気候や環境
自然と気象条件に恵まれ、地質は農業に適した肥沃な土壌で、米、野菜、りんご共に適した地域です。また、昼夜の温度差が大きい為に、色鮮やかで甘味と食感に優れた、程良い酸味のミニトマトが作れます。
生産する際のこだわり・心がけ
毎年、気象条件の変動が続いていますが、安定した栽培方法と収穫量を確保する為に、試行を続けてます。
安全・安心な食材を心がけ、皆さんから愛される産地として目指していきたいと思っています。
栄養と効能
栄養豊富で高血圧予防やダイエットに良いと言われています。また、赤い色素のリコピンとビタミンCは美肌と美白効果が得られるとされ、食物繊維にβカロテンも便秘や目の疲れに効果が望めます、品種によってはトマトの1.5~1.8倍含まれているものもあります。
良い物の見分け方
赤い色が均一で、表面に張りと光沢があり、ヘタにも張りがあって緑色のものは鮮度が良いです。
購入後の保存方法
野菜全般に言える事ですが呼吸と老化を抑える為、なるべく早く冷蔵庫に保存し、早く食べきるようにした方が良いです。
産地のホームページ
JA津軽みらいの公式ページ http://www.ja-tsugaru-mirai.or.jp/
情報提供/出演者
津軽みらい農業協同組合 ミニトマト部会
中嶋 公博さん
斎藤 正記さん

7/1放映予定 JA嬬恋村 キャベツ

a0290852_2184284.jpg
商品名と品種名
嬬恋高原キャベツ
産地について
嬬恋村は群馬県の西北端に位置し標高700m~1400mの高原地帯に広がる夏秋キャベツの産地である。その夏秋キャベツの生産量は日本一を誇り、北は東北から南は九州・沖縄まで全国に出荷がされている。
生産を始めたきっかけ・歴史
キャベツは明治末期に試験導入され、昭和初期には関西を中心に共同出荷が始まった。その後、農作業の機械化(大型トラクター・プランター・ブームスプレイヤー等)がされ、更には集荷所・予冷施設の設置や農地造成などによって経営規模を拡大し全国有数のキャベツ産地を形成してきた。
生産方法の特色味の特色
キャベツ生産農家数は約360戸で、農家数は多少減少傾向にあるが、1戸当たりの耕作面積は逆に拡大傾向となっている。キャベツ作付面積は約2,820ha(埼玉スタジアム約535個分:建築面積52,635㎡として)であり、キャベツ生産農家の1戸当たりの平均作付面積は約7haとなっている。7月~10月の夏秋時期に1日平均2000t(キャベツ約160万個)以上のキャベツが収穫され全国各地に出荷される。(シーズン合計約190,000t、キャベツ約1億5千万個)
今年のでき具合
今年度は桜の開花も例年並みであった。夜温は低めではあるが降雨は適度にあり、平年並みの6月上旬から出荷が見込まれる。
安心安全について
残留農薬検査・放射能物質検査・生産履歴の記帳・農薬適正使用の遵守
産地の気候や環境
6月から9月の平均気温はキャベツの生育適温(15℃~20℃)の範囲で、夏の適正な雨量と、特に昼夜の温度差が生育に適している。更に嬬恋村は日本の概ね中心に位置しており、全国各地に出荷しやすい物流の好条件がある。
生産する際のこだわり・心がけ
6月から9月の平均気温はキャベツの生育適温(15℃~20℃)の範囲で、夏の適正な雨量と、特に昼夜の温度差が生育に適している。更に嬬恋村は日本の概ね中心に位置しており、全国各地に出荷しやすい物流の好条件がある。
栄養と効能
100g当たり ビタミンC34mg ビタミンU3.1mg 水分93.4g ビタミンUとは、胃粘膜の保護作用を持つと言われています。           ※この測定値(平均)はJA嬬恋村管内で生産されたキャベツを平成18年8月30日に測定した値です。
良い物の見分け方
切った芯が変色していない物。持った時にしっかりと重みのある物。カットしてある物は葉と葉に隙間が無くしっかり巻いている物。
購入後の保存方法
芯をくりぬいて湿らせたキッチンペーパーなどを入れて新聞紙でくるむ。ただしキャベツは収穫後も呼吸をし生きているので早めに食べた方がより美味しい。またキャベツは大根と同じアブラナ科で辛味成分が含まれている。切り口が酸素に触れるとキャベツに含まれている物質が辛味成分に代わり、そのまま放置しておくと苦味が強くなってしまうので、特に千切りにした場合はラップなどをかけて酸素を遮断することが大事。
提供料理(材料・レシピ)
〇食材 キャベツ1/4 〇調味料 白だし…大さじ2 胡麻油…小さじ2 おろし生姜…小さじ1 塩…小さじ1/2 胡麻…小さじ1/2  〇作り方 ①キャベツをざく切りにして、1分程湯がき水気を切る。 ②料理袋に、白だし、胡麻油、おろし生姜、塩、胡麻を入れてよく混ぜておく。 ③ざく切りの湯がいたキャベツと料理袋の調味料を加える。
産地のホームページ
JA嬬恋村の公式ページ http://www.jagunma.net/tsumagoi/
情報提供/出演者
JA嬬恋村
天田真未さん
礒干彩香さん