logo.png

旬をお届け!「おいしさまるごとマイスター」

放送時間:毎週月曜日の午後5時15分から約15分間の番組で放映されております。
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。

テレビさいたまホームページ
http://www.teletama.jp/index.html

10月の旬菜情報

放送日 品目 団体名 更新
10/29 トマト JAおやま 未更新
10/22 にっこり梨 JA全農とちぎ 未更新
10/15 にんにく JA全農あおもり 更新済
10/8 ピーマン JAしおさい 更新済
10/1 JAならけん  更新済

10/15放映 JAあおもり にんにく

d0258730_21365995.jpg
商品名と品種名
十和田おいらせミネラル野菜(TOM-VEGE) にんにく
産地について
青森県の東部に位置し、東北新幹線駅(七戸十和田駅)があります。西方に八甲田連峰がそびえ、十和田湖からの奥入瀬川が管内を流れる自然豊かな環境をもち、農業を中心とした開けた都市です。
生産を始めたきっかけ・歴史
1970年代(昭和50年頃)コメが生産過剰となり米の減反政策が強化された。その減収分をニンニクでカバーすることになり作付の拡大が始まった。県の試験研究機関や生産者の試行錯誤により、夏場の不安定気候、降雪がある青森県の県南地域の気候でも、大玉で品質の良いニンニクが安定的に収穫できるようになった。2002年(平成14年)以降。土づくりのための土壌診断分析装置の導入や大型冷蔵庫を活用した長期保管技術を活用することにより栽培面積の拡大や周年出荷が確立され日本一の栽培面積となった。
生産方法の特色味の特色
①作付前に、必ず畑ごとに土壌診断を実施し、処方箋を農家に返します。
②農家は、その処方箋に基づき、適正に肥料を散布します。
③生育期間中は、状況に応じて葉面散布等で補完します。
④出荷前に糖度を測定し、独自基準をクリアしたものが『十和田おいらせミネラル野菜』として出荷となります。
今年のでき具合
平成29年産に比べ収穫量は上がったが、4~5月の低温により、生育に影響したため、小玉傾向にある。
安心安全について
生産現場の危機管理の整理・認識(GAP)し、トレーサビリティやポジティブリスト制度の徹底に努め、安心・安全な産地づくりに取り組んでいる。また、平成24年4月1日より放射能暫定基準値の改訂に伴い、EMF211型放射能検査測定機を導入。出荷前の自主検査を実施し、その安全性を確認したうえで消費地に届ける体制を整えている。
産地の気候や環境
年間平均気温9.7℃、降水量1,100mmで、冬は晴天の日が多く積雪も少なめです。6月~7月にかけては、オホーツク海高気圧による偏東風(通称ヤマセ)が吹くことがあり、平常より5~6℃も低温が続き、農作物が大きな被害を受けることもあります。
生産する際のこだわり・心がけ
①優良種子の確保
②土壌診断による土づくり(ミネラル栽培)
③薬剤散布は降雨後に実施
栄養と効能
野菜の中でも糖質が多く、滋養強壮に使用されている。ビタミンB1やカリウムが比較的多く、香り成分であるアリシンは疲労回復や風邪の予防に効果を発揮してくれる。体を温める作用があるとされ、冷え症改善にもいいとされている。
良い物の見分け方
粒が大きく、5~6片で重量の重い物を選ぶ。
購入後の保存方法
冷暗で乾燥している所に保管。長期保存の場合は、-2℃の冷蔵庫(冷凍庫)で保管する。
産地のホームページ
JA十和田おいらせの公式ホームページ http://www.jatowada-o.or.jp/
情報提供/出演者
十和田おいらせ農業協同組合
沼村 慶紀(JA)さん
松尾 ゆり子(野菜ソムリエ)さん

10月8日放映 JAしおさい ピーマン

o0360027012678306479.jpg

商品名と品種名
ピーマン/みおぎ
産地について
当産地は、年二作栽培で春ピーマンと秋ピーマンがあり、いつでも新鮮な物を提供しています。
生産を始めたきっかけ・歴史
神栖地域のピーマン栽培の始まりは、太平洋戦争が終わって間もない昭和24年頃にさかのぼります。当時の進駐軍の食用野菜として、アメリカ産のカリフォルニアワンダーという品種の種が米軍より支給され、旧波崎町で栽培されたのが始まりとされています。当産地は日本4大砂丘のひとつである「鹿島砂丘」の一部であり、砂地が大半を占め、気候条件も東に太平洋、西に常陸利根川を抱えた温暖な海洋性気候に恵まれた地域であることが、当時の米軍より「ピーマンづくりに適した場所」として選ばれたきっかけとなりました。
生産方法の特色味の特色
全生産者がエコファーマーを取得し、茨城県特別栽培農産物の認証をうけ、天敵昆虫・フェロモン剤(交尾阻害)・粘着シートを使用し、殺虫剤ゼロを目指し農薬に頼らない栽培をしています。更に、土作りに力を入れ農協で土壌診断を行い必要なだけの栄養分と良質な堆肥・土改剤を投入して健康な作物を栽培しています。
また、環境に優しい農業を取り入れ、養液土耕栽培システムを導入し、生育に合わせて必要なとき、必要な量をコンピューターで管理し水と肥料をあたえ、使用量の削減と、地下水への浸透、河川への流出を抑えて栽培しています。
今年のでき具合
秋ピーマンについては、6月中旬より順次定植、7月下旬から出荷が始まりました。今年は猛暑や台風の影響で、不安定な状況でしたが、今後は気温も落ち着き、品質、量共に安定した出荷になると思われます。
安心安全について
部会員全員が茨城県認証の特別栽培農産物、エコファーマーを取得、また環境にやさしい栽培技術として養液土耕栽培を積極的に取組み、GAP(農業生産工程管理)・出荷場でのトレサビリティ(流通追跡可能性)を導入するなど安全・安心なピーマン栽培に取り組んでいます。
産地の気候や環境
当地域は、茨城県の東南部に位置し、東に太平洋(鹿島灘)、南西には利根川があり、首都圏から 100Km圏内に位置しています。気候は、比較的温暖で年平均気温14.7℃年平均降水量1,396mmで、土壌は砂丘平坦地で沿岸には、水田地帯が広がり、夏は涼しく冬は暖かい地域です。
生産する際のこだわり・心がけ
当日、出演生産者よりご報告致します。
栄養と効能
ピーマンには、ビタミンC・ビタミンA・ビタミンP・カロテン等が含まれていると言われています。ビタミンCは、風邪の感染や血中のコレステロールを防いだり、メラニン色素を分解し、お肌を綺麗にするといわれています。
ビタミンAは、身体の粘膜部を強くし、ガン予防に効くといわれています。ビタミンPは、身体に抵抗力をつけ、夏バテを防いだり血液を浄化すると言われています。カロテンは、毛細血管を丈夫にするので、高血圧・動脈硬化を予防し、又ビタミンCが熱で壊れるのを防ぐと言われています。
良い物の見分け方
ピーマンのグリーンが濃く、艶と張りがあり、切り軸の新鮮な物。
購入後の保存方法
野菜室で、保存すれば日持ちがします。
産地のホームページ
JAしおさいの公式ホームページ http://www.ib-ja.or.jp/ja/shiosai/
情報提供/出演者
JAしおさい青果物生産部会 女性部
沼田 早苗(ヌマタ サナエ)さん
木内 恵子(キウチ ケイコ)さん

10/1放映 JAならけん 種なし柿

kita_img1-1.jpg
商品名と品種名
たねなし柿/刀根早生、平核無
産地について
長い歴史と新しい技術に支えられ、多くの若い果樹農家の担い手が意欲的に柿づくりに取組んでいます。
生産を始めたきっかけ・歴史
柿は「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」と詠まれるなど、奈良には非常になじみの深い果物です。
現在のような本格的な栽培は、1910年頃に岐阜県から甘柿の「富有」が五條市に導入されたのが始まりとされ、1930年頃に渋柿栽培が始まり今日の「甘い・渋」両栽培が確立された国営農地526haの樹園地で栽培しています。
生産方法の特色味の特色
味の特色として、甘味がとても強く、果汁もたっぷり含まれており、柿本来の味わいを楽しめる品種で果肉は柔らか過ぎず硬過ぎず丁度良い食感を堪能することができます。
今年のでき具合
平年と比較して、若干の不作傾向。
安心安全について
部会挙げての取り組みと致しまして、出荷前の残留農薬検査や生産履歴記帳を義務づけしております。 
産地の気候や環境
五條市の柿は標高100〜400mの傾斜地で栽培されております。
年平均気温は14〜15°で収穫期の昼夜の温度差が適度にあり、柿を育てるのに大変適した地域です。 
生産する際のこだわり・心がけ
特に、環境保全型農業に産地全体で取組み、耕種的防除にも心がけております。
栄養と効能
カロチン・ビタミンCは風邪の予防に役立つ栄養素。
柿の季節には風邪をひかなくなることから「柿が赤くなると医者が青くなる」という諺(ことわざ)ができました。
特にビタミンCが多く、抗酸化作用のあるβカロチンも豊富な果物と知られています。
さらに二日酔いにも効果があります。 
良い物の見分け方
全体に色むらがなく、皮にハリとツヤがあるもの。
そしてヘタが緑色で、実にしっかりと貼り付いているもの。
同じ品種の柿であれば、やはり色の濃いもの・大きいものが美味しいです。 
購入後の保存方法
常温のまま
産地のホームページ
JAならけん公式ホームページ http://www.ja-naraken.or.jp/
情報提供/出演者
JAならけん五条柿部会(五条市統合選果場)
岡本 純幸さん
柏原 武亮さん 

商品名と品種名

産地について

生産を始めたきっかけ・歴史

生産方法の特色味の特色

今年のでき具合

安心安全について

産地の気候や環境

生産する際のこだわり・心がけ

栄養と効能

良い物の見分け方

購入後の保存方法

産地のホームページ

情報提供/出演者

商品名と品種名

産地について

生産を始めたきっかけ・歴史

生産方法の特色味の特色

今年のでき具合

安心安全について

産地の気候や環境

生産する際のこだわり・心がけ

栄養と効能

良い物の見分け方

購入後の保存方法

産地のホームページ

情報提供/出演者